投稿

第98回 2022年度入職式

イメージ
    糸島医師会病院のホームページは ☞こちら こんにちは。 時が経つのも早いもので、4月となり新年度がスタートしました。 当院には今年度も新たな仲間が加わり、入職式が執り行われました。 今年度は6名の入職がありました。 作業療法士は新卒が2名と、フレッシュなメンバーとなっています。 新入職員代表のあいさつもバシッと決まりました! 新たなメンバーと共に切磋琢磨し、患者さんの立場に立った質の高い医療を目指していきます。 今年度もよろしくお願い致します。 R.I

第97回 春になりました。

イメージ
  糸島医師会病院のホームページは ☞こちら こんにちは。 早いもので三月ももうすぐ終わりますね。 今年度もコロナ禍で、皆さんも大変な日々を過ごされたことと思います。 送別会なども開催できず、少し寂しい別れの季節でした。 先日の雨上がりに虹がかかっていました。 素敵な写真を頂いたので、お見せします。 リハビリ室からの風景です。 そして、もう春になりましたね。 糸島医師会病院の駐車場にある2本の桜も満開です。 大変な世の中ですが、 変わらない糸島の自然の風景に癒されます。 来年度も体調に気を付けながら楽しく1年を過ごせるといいですね。 スタッフブログも引き続きよろしくお願い致します。 T.K

第96回 節分

イメージ
  糸島医師会病院のホームページは ☞こちら こんにちは 先日2月3日は節分でしたね。 当院でも豆まき!とまではいきませんが、 昼食時のイベントメニューとして福豆と恵方巻が提供されました。 節分とは、季節の変わり目に生じる邪気を払うための行事と言われています。 昨今の邪気といえばやはり新型コロナウイルスを連想してしまいますが、 季節の変わり目に流行する疫病などを払うために節分が生まれたのではないでしょうか。 なかなか外出もしづらい状況が続いていますが、可能な範囲でこういった行事を楽しんで、 新型コロナウイルスもどこかへ払われてくれたらいいですね。 K.S

第95回 新年のご挨拶

イメージ
  糸島医師会病院のホームページは ☞こちら 明けましておめでとうございます。 新しい年を迎えて10日が過ぎました。皆様、如何お過ごしでしょうか? 2022年の干支は『壬寅(みずのえとら)』。 調べてみると、「新しく立ち上がること」や「生まれたものが成長する」年であると言われているそうです。 また、一説によると「寅年生まれの人は前向きでチャレンジ精神が強く、何事も強い信念をもって挑んでいく傾向がある」とのこと。 まだまだウイルスの猛威は衰えることを知らず、新型コロナとの闘いはもうしばらく続きそうですが、今年の干支にあるように、皆様にとって希望に満ち溢れた年となるよう願っています。 A.M

第94回 みんなで実践!感染予防

イメージ
  糸島医師会病院のホームページは ☞こちら みなさんこんにちは。秋があっという間に駆け抜け、冬がやってきますね。 日中は暖かい日が続いていますが、寒暖差で体調を崩す方が多いのでお気をつけください。 さて、本日はタイトルの通り、毎日気軽にできる感染予防についてお話します。 2019年より猛威を振るっているコロナウイルス。 予防のための手洗い・うがいはもうみなさん当たり前のようにできていることかと思います。 では、歯磨きはどうでしょうか。 コロナウイルスの感染経路については唾液による飛沫感染が主だといわれています。 本日は唾液飛沫を飛ばさない歯磨きについてお話していきます。 日本歯科医師会のホームページを参考にしています。 → HPはこちらから ①小さめの歯ブラシを使う    ②口を閉じて磨く ③静かに吐き出す(なるべく飛び散らないように低い姿勢で) ④人との距離を保って会話しない    毎日実践できるものですので、意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。 それではまた次回!                                  N・K

第93回 サンクスカード

イメージ
糸島医師会病院のホームページは ☞こちら こんにちは。 季節は移ろい、朝晩は涼しく感じるようになってきました。 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。 皆さんはどんな秋をお過ごしですか? さて、今回は当院で毎年実施している「サンクスカード」という企画についてご紹介いたします。 サンクスカードとは、 誰かに感謝したとき、ありがとうと思ったとき、 「感謝の気持ち」を忘れないように、それを形にしてスタッフ間で渡し合うカードのことを言います。 実は、その歴史も古く、2009年から10年以上続いている企画です。 発案者はもちろん冨田病院長で、当時から病院内でのコミュニケーションツールの一つとしてそれを活用することを考えていました。 毎年この時期になると、スタッフはいい意味でソワソワし始めて、部署を超えたコミュニケーションが活発になります。 年月を重ねることで、当院を代表する立派なコミュニケーションツールとなりました。 もちろん日常的に感謝を伝え合う文化を醸成することが理想ではありますが、 この「サンクスカード」は明らかにそのきっかけとなっています。 コロナ禍で予断を許さない状況が続いている中、こういった企画を活用してスタッフ間でモチベーションを高め合っています。 皆さんも大切な人に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか? R・I

第91回 糸島の花

イメージ
  糸島医師会病院のホームページは ☞こちら こんにちは。 梅雨が明け、日差しが強くなってきましたね。 皆さん、この植物をご存じですか? これは糸島市の花にもなっている『ハマボウ』です。 7月は加布羅橋近く、泉川のハマボウが毎年きれいに咲いています。 ハマボウは朝咲いて、夕方にはしぼんでしまうのですが、 次々と新しい花が咲いていくそうですよ。 病院の近くでも糸島の豊かな自然を感じられます。 暑い日が続きますので、熱中症対策も忘れずに!! T.K